採用メッセージ

価値観を共有する仲間

マキノは1978年に創立され、間もなく創業40年を迎える会社です。
しかし、マキノが本格的に新卒採用を始めたのは2012年からでした。そのため、当社で活躍する社員の多くは20代です。その背景には、外注制度に特化した経営方針から、内製化へと方針転換を進めていることが挙げられます。


2011年、マキノは社長交代に伴い、経営体制の刷新を行いました。
その際、新しく掲げられた経営方針は"おもしろき こともなき世を おもしろく"です。


仕事・世の中に対して、不満を並べることは簡単ですが、自身が置かれている環境を如何にして「楽しむことができるか」楽しいものに「変えていくことができるか」を意識し、大事にできる組織・集団でありたいと考え、方針を定めました。こういった経緯があり、マキノでは「価値観を強く共有できる仲間」であることを第一条件とした採用活動を行い、一人ひとりとじっくり向き合うスタイルの選考を行っています。


その結果、性別・学部に捉われない人材で構成されたマキノには、自由で豊かな発想が溢れています。会社に満ちたその想いは、楽しく働くための制度として形になり、スタッフの成長・生活を後押ししています。


マキノは今、多くの顧客・豊富な実績といった経営基盤を持ちながらも、新しい成長ステージを迎えています。そんな我々の取り組みに、少しでも興味を持っていただけたら、こんなに嬉しい事はありません。


「建前主義な就活」や「凝り固まった考え方」に疲れたら、遊びに来る感覚でマキノの説明会に参加してみてください。きっと、会社選びのヒントを与えることができると信じています。

エントリー